東京都・埼玉県・千葉県で会社設立や深夜・風俗営業許可を申請するなら荒川区のAJ行政書士事務所

MENU

業務執行社員と代表社員を決める

基本事項 6  業務執行社員と代表社員を決める

社員が決まったら業務執行社員と代表社員を決めます。

業務執行社員は会社の経営に携わる社員のことです。
通常は社員がそのまま業務執行社員にもなります。

しかし、なかには「出資はするけど、経営には関与しない」という社員もいるので、このような社員は業務執行権のない社員となります。

また、業務執行社員が複数いる場合はその中から代表社員を選択します。
代表社員とは株式会社でいう代表取締役になりますので通常は1名選びます。
社員が1人の場合は自動的に社員が業務執行社員と代表社員になります。

なお、合同会社設立には代表社員の印鑑証明書が必要になります。
ここでは業務執行社員になられる方のお名前とご住所を書きます。

また、業務執行社員が2人以上いる場合は代表社員を1名選びます。
代表社員名は業務執行社員名の1番上にお書き下さい。

ご用意した紙に基本事項 6 として業務執行社員(代表社員)に
なられる方のお名前と住所をそれぞれお書きください。

 

次のページで事業年度を決めます

 

まずはお気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6458-2614 営業時間(日曜・祝日は休み)
平日 10:00~18:00 
土曜(休みあり) 10:00~15:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 独立コンサル AJ行政書士事務所 All Rights Reserved.