東京都・埼玉県・千葉県で会社設立や深夜・風俗営業許可を申請するなら荒川区のAJ行政書士事務所

MENU

商号を決める

基本事項 1  商号を決める

商号とは合同会社につける会社名になります。

商号は会社のブランドになりますので一度決めたら通常変更はしません。
商号に業務内容などを入れる場合は分かりやすいなどのメリットがある反面、業務内容を変更出来なくなるなどのデメリットもあります。
長年使えて、誰もが親しみを覚えるような商号を是非お決めください。

商号にはひらがな、カタカナ、漢字、ローマ字(大文字及び小文字)、アラビア数字全てが使えます。
また、「&」「‘」「,」「‐」「.」「・」などの記号も使用できます。

「合同会社」という単語を最初か最後につけてください。

合同会社の変わりにLLCを使用することは出来ません。
LLCを会社名で使用する場合でも合同会社は省略出来ません。
例)○○LLC合同会社

注意点

・ 日本語の場合は文字と文字の間にスペースは取れません。
・ ○○支店、○○支部、経理部など会社の特定部署を表すものは商号として使用できません。
・ ○○銀行、○○保険など特定の業種と誤解されるような商号は使えません。
・ 大手企業や近隣企業などの同一商号は誤認を招く恐れがあるため避けたほうがいいでしょう。
・ 同一住所で同一商号の使用はできません。(詳しくは類似商号調査の項目をご覧下さい。)

ご用意した紙に基本事項 1 として商号をお書きください。

 

次のページで本店所在地を決めます

 

まずはお気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6458-2614 営業時間(日曜・祝日は休み)
平日 10:00~18:00 
土曜(休みあり) 10:00~15:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 独立コンサル AJ行政書士事務所 All Rights Reserved.